製品紹介

HOME >  食品加工事業 >  野菜ファインパウダー

三笠産業株式会社で取り扱っている商品

野菜ファインパウダー

健康のために、もっと野菜を!

お子様にも安全・安心な自然食品をお届けします。

母子イメージ 高度経済成長を経て、私たちの食生活は豊かになりました。ところが、現在では生活習慣病になる人が増え続けています。例えば、その前段階であるメタボリックシンドロームの疑いのある人とその予備群の人を合わせた割合は、40歳以上の男性では2人に1人、40歳以上の女性では5人に1人の割合に達していると厚生労働省が警鐘を鳴らしています。

 厚生労働省は『生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能』と言っています。特に、『壮年期死亡の減少、健康寿命の延伸及び生活の質の向上の実現を目的として』取り組んだ『健康日本21』では、1日に350gの野菜摂取が推奨されました。これに対し、H9年~H20年調査の平均では20歳以上の摂取量は概ね290gに留まり60g不足しています。
 また、『メタボリックシンドローム』という言葉の認知度は向上しましたが、中高年者が自らの健康状態を認識し、健康増進のために自ら行動を起こすまでには至っていないという結果も発表されました。

 このように、現代人が野菜の摂取不足であると言われ始めて久しいのですが、現代の生活習慣においては十分な野菜を摂取しにくいことも原因のひとつと考えられます。このため、私たちは今までに培った自社技術を活用して、安心・安全な国産野菜をパウダーやタブレットにしてお届けしたいという思いに至りました。

野菜摂取量グラフ

 私たちがお届けする「ファインパウダー」は、国産の野菜を丸ごとパウダーにした自然食品で、ビタミン,ミネラル,食物繊維などの栄養を豊富に含んだ食品です。自然な食品をバランスよく、便利に、簡単に摂取できます。
 これからも私たちは更なる研究を続け、皆様の健康増進のお役に立てる食品をお届けし続けます。

 

ファインパウダーができるまで

Step1:収穫

農場 ファインパウダーは原料に全て国産野菜を使用しています。このためお客様に安全なパウダーをご提供する事が可能です。写真は山口市内の明日葉畑です。このように大切に育てられ収穫された野菜がファインパウダーとなるのです。

Step2:受入

入荷 産地から送られてきた国産野菜は、新鮮な内に私たちの山口工場で加工します。

Step3:開梱・トリミング

トリミング 原料野菜の傷んだ部分を取り除き、付着した虫などを完全に取り除きます。根菜類は、付着した泥を綺麗に洗い落とします。

Step4:洗浄

洗浄 水槽型異物除去装置でバブリングしながら連続的に水洗いして、野菜に付着しているごみなどを完全に取り除きます。

Step5:カット

カット スライサーを使用して乾燥処理に適したサイズにカットします。

Step6:殺菌・一次乾燥処理

殺菌 大阪府立大学の宮武教授(当時)との共同研究で開発した、過熱水蒸気殺菌・乾燥機で殺菌処理します。
※カットした野菜に過熱水蒸気を当てて瞬時に殺菌します。

Step7:二次乾燥処理

二次乾燥 熱風乾燥機により仕上げ乾燥をし、水分を8%以下まで下げます。

Step8:粉砕

粉砕 乾燥処理が済んだ野菜は、気流式粉砕機で微粉砕加工します。気流により素材同士がぶつかり合い、およそ10ミクロンまで細かくなります。

※10ミクロンは100分の1ミリ。舌にのせると溶けるような食感です。また、気流で粉砕するので、食材の温度が上がりません。このため栄養素を壊すことなく微粉砕することが出来ます。

Step9:検査

検査1 一般生菌数のチェックと規格どおりのレベルまで粉砕できたかの検査を行います。

Step10:選別・包装

包装 出来上がった粉末を計量しながらアルミ袋に充填します。この後すぐに梱包機でヒートシールして完全密閉し、アルミ袋に賞味期限を印字します。

Step11:異物検査

異物検査 X線検査機とアルミ袋専用の金属検出機で異物の混入が無いことを確認します。

Step12:完成

野菜パウダー製品 こうして安心安全な野菜パウダーを皆様にお届けしています。

※『野菜パウダー』の製造過程を、『明日葉パウダーの開発』紹介ビデオ
 で観て頂くことができます。

 

野菜パウダーの特徴

 私たちはお客様に安心・安全な食品をお届けするため、「国内産原料100%」にこだわった製品作りを行っています。
 契約栽培を中心にした露地栽培の新鮮野菜を原料として調達し、野菜専用工場で数十ミクロンのレベルまで微粉砕しています。

微粉砕加工することのメリット

消化吸収性の向上(熊本県立大学 環境共生学部での研究)
 熊本県立大学環境共生学部との共同研究において、微粉砕することにより表面積が大きくなり消化吸収性が向上することが判明しました。
 この研究成果は、「第51回日本栄養改善学会学術総会」「第59回日本栄養食糧学会九州・沖縄支部大会」にて発表しました。

 食感向上・新食感
 一般的に20~30ミクロンまでが舌で粒としてとらえられる大きさと言われています。そのため、20ミクロン以下にまで微粉砕すると、まるで舌の上で溶けるような食感が得られます。 

添加量の削減
 他の素材とのなじみも抜群によく、少ない添加量で色鮮やかな商品が作れます。このため、容易に商品に付加価値をつける事が可能になります。

 

微粉砕した野菜粒子のサイズ

ファインパウダーの粒度分布図(にんじんパウダー)

平均粒子径(D50%):10.34μm (ミクロン)

 野菜パウダーの粒度分布図

 

商品の特徴

製品品目

 業務用、小売用として1kg入り、100g入り、40g入りなど多数取りそろえていますのでご相談下さい。

高い保存性

 アルミラミネート袋を使用しています。酸素・光・水蒸気を遮断するため、大変保存性に優れています。未開封状態では2年間の長期保管が可能です。

優れた効率性!

 開封口はジップタイプを採用していますので開閉に大変便利です。

野菜ファインパウダー製品一覧はこちら

 

受託加工など

 農産物などの食品の受託粉砕を致します。詳細につきましてはご相談ください。

山口工場の詳細はこちら
愛菜事業部 営業グループの詳細はこちら

 

事業紹介

お問合せ

お蔭をもちまして、三笠産業は今年10月に設立65周年を迎えます。豊かな未来の創造に向けて、今後もチャレンジし続けます。



国産野菜パウダー専門店「便利野菜」

12種類の国産健康野菜をタブレットにした「愛菜習慣」

もっちり泡の「明日葉石鹸」

リサイクルトナー「みのるオンライン」

PAGE TOP

事業紹介

会社概要